2009年01月12日

覚悟

覚悟パンチ



今週は、『覚悟』
このテーマでいってみます。


Noh Jesu氏が年頭に
こんな表現をされました。


「今まではウサギの勝負〜今からはカメの勝負」

ウサギ→存在(相手のカメ)に囚われた勝負(勝ち負けにこだわる)

カ メ→絶対的(ゴールのみを目指す)勝負(何にもとらわれない)

今からの勝負の決断が
出来た瞬間に勝利パンチ

Nohさんは13年前に
すでにカメの勝負を決断され
その瞬間に勝利していらっしゃった晴れ
そして、その瞬間「覚悟」
が出来ていらっしゃったグッド(上向き矢印)

覚悟
意味を調べてビックリ!
迷いを脱し、真理を悟ること。
正にNoh Jesu氏は
覚悟したんだexclamation
そしてその覚悟を
目の当たりにして
私自身も「覚悟」させて貰えましたexclamation



本屋の店先でこんな本が
目に留まりました。
「人間の覚悟」
五木寛之氏の著書です。
「そろそろ覚悟をきめなければならない。
「覚悟」とはあきらめることであり>、「明らかに究める」こと。
希望でも、絶望でもなく、事実を真正面から受けとめることである。
これから数十年は続くであろう下山の時代のなかで、
国家にも、人の絆にも頼ることなく、
人はどのように自分の人生と向き合えばいいのか?」



五木氏は、真理を知ってか知らずか
定かではありませんが、
「覚悟」とはあきらめること
このくだりは
HITOTSU学でいうところの
今まで人間がやってきた
4次元認識をあきらめて
5次元認識へ
すなわち5次元認識とは
明らかに究めた世界であります。
そして、
人がどのように自分の人生と向き合えばいいのか?
の答えが分かる世界でもあります。


日本の昔
武士階級の女性は
外出時などは常に懐剣を身に着け、
護身武器とし、
緊急時には同時に、自害する道具にもなった
と言われています。
武士の時代の女性は
常に
死ぬ覚悟が出来ていたのですねたらーっ(汗)
大和の女性として
見習うべき
素晴らしい精神だと思います。


大和撫子の名に恥じないよう
自らも
常に
覚悟のある生き方を
今からexclamation×2





撫子



posted by 大和撫子 at 22:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。