2008年12月20日

今、社会がおかしい・・・

学校の現場でこんなことが・・・

屋上近くで遊んでいた子が
付近にある窓から落ちて
命を落とした。

刑事事件となって
担任教師は免職に

担任教師だけに責任があるのか?
親は?
その子自身は?
担任以外の教師は?
地域社会の大人たちは?
この事件での責任は
特定の誰かに規定できるのだろうか?
誰が悪いと言えるのだろうか?




大切な大切な大切な一つの命
本来教育の中で一番やるべきことは
この大切な命・人間・そして自分の
尊厳性、神聖さ、偉大さ
そういったことを教えることではないだろうか?

Noh Jesu氏は言います。
荘厳さなくして偉大さなし、偉大さなくして自尊心なし、自尊心なくして誠実さなし”そしてこうも続けます。
“暗闇を貫く朝日のような、荘厳な光の海の中で、人間本来の無限の自信と責任を持ち、前進する日本文明の勇気を見たいと心から願っています。”

どうであろうか?
韓国人であるNoh Jesu氏が
日本文明にこのような期待をしてくれている。
日本人である私たちは、
この人間の荘厳さを取り戻し、自信感も取り戻し
この時代にあって日本人としてなすべきことを
ここまで熱く伝え続けてくれている韓国人と共に
国家民族を越えて実行していく時ではないでしょうか?



なでしこ

posted by 大和撫子 at 23:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。