2008年12月17日

今、社会がおかしい・・・

社会にはびこる
多様な問題exclamation


本日のニュースから
「米ゴールドマン・サックスが上場以来
1900億円の赤字・・・黒字経営を続けてきたが
金融危機の打撃を避けられなかった。」
「日本ヒルトンが牛肉産地偽装」


国内外共に
ニュースをみれば、
誰もが「現状の問題解決が必要」
と思うだろう。



しかし、昨日のブログにも書いたとおり
現実の解決法は
目の前に起きた問題の現象に対して
対処する(泥棒に入られるからセキュリティのような・・・)
である。


Noh Jesu氏の講演会の中では
こんな風に語られていた。


世界を人間の身体とみると→☆今の世界は心臓の手術、脳の手術が必要な状態
☆しかし、心臓や脳の病気の原因に対する診断と処方には無関心な状態
☆関心があるのは、病気の名前と病気の完治期間だけである



これを聞いておかしいと思わないだろうか?
小学生の頃
私は毎週金曜日になると
熱を出しているような子どもでした。
医者の診断は・・・
「扁桃腺です。熱が下がれば大丈夫です。
2〜3日安静にしていて下さい。」
と注射を打たれ、薬を出されました。
この診断と処方の結果、
私は、元気になったでしょうか?


答えはNO!
その後も毎週のように
熱を出しては診療所に行き、
注射と薬の繰り返し。
私が扁桃腺を晴らして
熱が出る原因を
医者も両親も、もちろん自分も
知らないexclamation


今思うとぞっとします。
何も知らされず、
何の薬かもわからず
ただ、医者と親から治るからと言われ
盲信してただただ言われた通りにしていた。。。。
なんてバカな奴だったのだろうか!!!
お陰様でちっ(怒った顔)
よーーく学校を休む
身体の弱い子のイメージを
自分はずーーーっと持っていました。




私の扁桃腺のように
今の世界も、
問題の原因を追求しないまま
対処法だけで解決しようとするのであれば
ずっと問題は解決しません。



問題が起こった原因を知るexclamation×2
私たちは今から、
この原因は何なのか?
を本気で問うていかなくては
ならないのではないでしょうか?



なでしこ

posted by 大和撫子 at 01:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。