2008年11月26日

韓国人Noh Jesu氏と日本人

 と 

は韓国人であり男の象徴
は日本人であり女の象徴

このイメージをもとに、
Noh Jesu氏が
今までの時代今からの時代
とても分かりやすく説明して下さったことがありました。

今までの時代 →火が上で水が下に位置していた。
        そのため、火は火で↑上に単独で燃え上がり
        水は水で↓下に勝手に落ちていく。
        男が上にあがり、女が下にさがって
        男女が分離をしていた時代

今からの時代 →火が下で水が上に位置する。
        火は水を熱く沸騰させ、水は蒸気となって
        上に上っていき、又雨となって降り注ぎ海へ
        exclamationこれは自然の流れではないか!   
        男が女を熱くして、女が上に上り更に男を
        育て、又女を熱くして・・・
        と男女が循環する時代
        exclamation×2えっ!本当はこれが当たり前じゃぁ? 
          
    
あせあせ(飛び散る汗)あぁ
絵で描いたら分かりやすいのですが・・・ふらふら
Nohさんは、説明する時はいつも
絵を描いて説明されるのです。
HITOTSU学は、あらゆる「絵」「図」によって
語られていきます。
HITOTSU学が、イメージ学と言われる所以です。

私は、上記の説明を聞いた時に
あらゆるメディアで「女性の時代」と
言われていることと繋がって
なるほどexclamation×2
とスッキリ腑に落ちました。

今までの時代が、不自然であったので
女性の時代と取り立てて言うことではなく
今からは自然に戻る時なのだと・・・。


なでしこ  
ラベル:Noh Jesu氏
posted by 大和撫子 at 01:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。