2009年03月02日

すべての出発=出会い

どこから出発したのか?


4次元思考からなのか?
5次元思考からなのか?


この出発の違いが
現実の現象の違いを生むむかっ(怒り)


ある女性が
自分の認識の癖に気づきました。
「弱みをみせてはいけない!」
「甘えてはいけない!」
この「〜してはいけない!」
という癖があったのです。

この癖のために、身近な方との
コミュニケーションで身構える自分が
いたそうです。
弱みをみせてはいけないために・・・
いつも元気に頑張っているところを
見せなければいけないと思って・・・

この「〜してはいけない!」は
私にもあるかなり根深い癖です。
日本の教育のあり方事態に
この認識があると思います。
学校ではよく『〜してはいけません!』
と言われたものです。
『〜していいです。』『〜してはいけません。』
と決め付けた瞬間
×
の蓄積を人間はしていきます。

ですから、彼女は身近な人との
コミュニケーションの中で
弱みをみせてはいけないので身構えて
いたそうです。
強い自分は○ 弱い自分は×
と認識して・・・


この○×をしている癖に
気付いた彼女が、
自分で自分の首をしめていた
自分にも気付き
自ら認識を変化させ
周囲の方とのコミュニケーションに
チャレンジした結果
身構えない自然な自分で
コミュニケーションが出来たそうです。


彼女の出発のあり方が変化したことで、
現実の現象も変化してしまったexclamation
これくらい出発の認識の変化が
現実にもたらす影響力が絶大なのだと
彼女をみて思わされました。



exclamation×2でも、ここまで書いて気づきましたぴかぴか(新しい)
彼女のような例は日常に
たくさんあるのではないでしょうか?
しかし残念なことに
自分自身でその変化に気付かないたらーっ(汗)
何が変化したのか?
何故変化したのか?

これを知らないからだと思います!
だから、次に生かせない・・・
自分がどこから出発していたのか?
4次元思考からなのか?
5次元思考からなのか?

この4次元思考と5次元思考の違いを知ること
めちゃめちゃ大事
だと思いませんか?

Noh Jesu氏が言われていたことを
思い出しました。

“分け方を知ること”

大工さんは、木のどこをどう切ったら
奇麗に切れる(分けられる)のか?を知るプロ

石細工職人は、石のどこをどう掘ったら
奇麗に割れる(分けられる)のか?を知るプロ

人間は、思考のどこをどう区別したら
奇麗に整理整頓出来る(分けられる)のか?・・・

人間は今だ、自分という人間のプロには
なっていないようですふらふら



なでしこ




タグ:Noh Jesu氏
posted by 大和撫子 at 21:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。