2009年03月30日

出会い・そして繋がり

はたまた一週間のご無沙汰ふらふら


こんなにも圧縮された一週間はありませんでした。

出会いあり・・・

新しい場所との空間との出会いの多い
時でした。


初めて大阪の地を
歩いて来ました。
『関西から日本を元気に!!』
この呼びかけに
ほぼ全員が振り向く大阪
大阪の人々の
胸の奥にしまった熱い血潮が
今か今かとほとばしり出るのを
待っているようでした。

その大阪で8月7日に開催されるイベントが
飛龍昇天プロジェクト!
http://d.hatena.ne.jp/hiryu-syouten/

その前の先陣を切るのが
福岡JAPAN MISSION Project
http://soul-japan.org/japan_mission_project/report.html#next


福岡&大阪の
2009年人類史上初の
歴史的大イベント開催ですぴかぴか(新しい)


今、この時に
全ての問題を解決する
明確な代案をもつ
このイベントの主旨を
皆さんと共に
共有できますことを
願っています。



なでしこ
ラベル:Noh Jesu氏
posted by 大和撫子 at 02:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月21日

出会い・そして繋がり

一週間のご無沙汰でしたハートたち(複数ハート)


出会い・出会い・出会い

その連続の一週間黒ハート


そぞろ歩きをしていたら・・・
一つの木の枝に
白と桃色の花が同時に咲いている姿に
出会いました。

『源平梅』というらしい
源氏が赤で平家が白
源平仲良く咲いている梅
紅白の梅が咲いている姿は
なんとも美しいぴかぴか(新しい)


紅白混同で咲いている
その小さな命にも
ひとつひとつに
意志を感じてるんるん
私の心に入ってくる
繋がりです。



出会い・そして繋がり
小さな出来事に
出会いを楽しめ
繋がりを喜べる
そんな心を育てていきたい



完璧な春の訪れを感じさせる陽気。
しかし世界は冬の様相を呈している。
そして、私たち人間は・・・


Noh Jesu氏曰く
「考えは、本質的に〇×・善悪・好き嫌いなどの
分離・断絶の境界線をつくり、多くのエネルギーを
消費してしまうという性格をもっています。
しかし「イメージの溶鉱炉」で溶かせる健康な心は、
このような勝手な考えにエネルギーを浪費したり
することはなく、そもそも心自体が〇×せず、
愛そのもの、平和そのものになっている状態です。
また、健康な心になった時、いかに病んだ心が
自己否定・他人否定・人間関係の悪化を誘発するのかが、
よく理解できます。
このように病んだ心から健康な心に移動することで、
愛そのもの・平和そのものになり、人間関係の達人に
なって冬文明の限界を突破していくのです。」



過去につくられた
自らの考え
勝つexclamation×2
どれくらい人間は自分を小さくしてきてしまったのかexclamation&question

まずは私から「イメージの溶鉱炉」に
溶けて溶けていきます揺れるハート


なでしこ










posted by 大和撫子 at 23:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

出会い・そして繋がり

すべての出発=出会い
そこから生まれるのが・・・
今日から「繋がり」


これをテーマに書き綴りたいと
思います。


繋がるということ

『和』と『同』の違い


Noh Jesu氏に会いたい黒ハート
そんな人と
Nohさんを繋げることが
出来ましたるんるん

彼女の喜ぶ顔
そして満面の笑みわーい(嬉しい顔)
こんなに人と出会って
喜ぶ顔を見るだけで
心から幸せハートたち(複数ハート)
と繋がっていきます。


Nohさんが彼女へ伝えたこと
それが・・・
『和』と『同』の違い

和には、異質をも調和させ
    ひとつにさせるものがあると
同とは、ただ同じくしてしまうだけで
    自らが何が好きで、何がしたいのか?
    などをなくさせてしまうものであると

なるほどexclamation×2


自分には平等意識が強い
しかし、この平等は
「同」であったと思い至りました。

おかげで
自分が何者なのか?
これがずーーーっと
分からないジレンマと
過ごして来た過去がありましたむかっ(怒り)



なでしこ
ラベル:Noh Jesu氏
posted by 大和撫子 at 23:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

すべての出発=出会い

思った通り、信じた通り経験してしまうのが人間


今日は、Nohさんの
この言葉が胸に沁みこんできました。。。


「心」
自分の心との出会い黒ハート

私は自分の心と
どれだけ出会い
そして・・・
「どんな思いを選択し
 何を信じて
 今を生きているのか?」

自らに深く深く
問いかけた今日でしたハートたち(複数ハート)


Nohさんが私たちに語る
すべての出発はるんるん
ー(長音記号2)ー(長音記号2)



人間は本当の愛を
いつでも誰でもどこでも
求めているのではないでしょうかexclamation&question



なでしこ
posted by 大和撫子 at 23:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月09日

すべての出発=出会い

○ ×のない世界

自分へも
相手へも

「これはいい」 とか
「これはダメ」 とか
判断しない世界



私にとっては
想像もイメージも出来ない
世界でした。

常に常に
「こうしなければダメ!
 ああするのはいいけど
 こうしたらダメ!」と生きてきた。

しかし・・・・
○×をしない人間が
たくさん生まれたなら黒ハート


ほんとうだexclamation×2
そんな世界は
幸せな人間たちが
笑顔を溢れさせているハートたち(複数ハート)


そんな世界を
わたしは創りたいわーい(嬉しい顔)


なでしこ
posted by 大和撫子 at 22:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

すべての出発=出会い

本日はHITOTSU学公開講座の孫子兵法編の第2回目


<作戦篇>
キーワードは
『速戦速勝』


HITOTSU学から言うと…
”今ここ最高の自分と出会う”



涙が溢れたもうやだ〜(悲しい顔)
訳もなく溢れたもうやだ〜(悲しい顔)
心の奥底の眠った魂から溢れたもうやだ〜(悲しい顔)

これほどまでに
どこまでも
どこまでも
過去の勝手な認識で
自分を最低にしてたのかexclamation
小さくしてたのかexclamation×2
馬鹿にしてたのかexclamation×2



最高の自分
出会ったことあるかexclamation&question

それも今ここで・・・


すべての出発=今ここ最高グッド(上向き矢印)
だから出会う黒ハート




Noh Jesu氏は
どこまでも
どこまでも
どこまでも
人間への無限の愛に
日本人への深い深い愛に
溢れていたハートたち(複数ハート)
過去のどんな時よりも

私の友人が、
終了後飛んで来て
目を赤く腫らしながら・・・
手を差し出した揺れるハート


本日のNoh Jesu氏の
ポエムとの出会い・・・




真理が爆発する


300万年の殻文明よ!もう 去るがよい
137億年の無明無知の時代は もう終わる

中身文明が 始まり
智慧と悟りが 飛び出す

苦痛と悲しい涙を 蹴飛ばし
気づき感動の涙が 溢れる

もう挫折と諦めの嘆きはいらない
挑戦とバイタリティが 噴き出す

凍りつく暗闇の冬の時を越え
希望と愛が 虹のように 花咲く春

新しい歴史 新しい文明が
力強く 顔をあらわす

やっと 真実が微笑む
やっと 心が成熟する

とめどなく広がる 拈華微笑(ねんげみしょう)
真実が 爆発する

Noh Jesu




なでしこ
ラベル:Noh Jesu氏
posted by 大和撫子 at 01:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月05日

すべての出発=出会い

現実は苦しいexclamation×2
現実から出発したら、絶対に幸せになれないexclamation



上記を認めること
現実を諦めること


そこから
すべての出発が始まる

現実から完全に
離れることで
出会いが出来る黒ハート


確かに・・・
私たち人間は
今まで現実の中にしか
生きて来たことがない

現実の中にいる状態では
現実から離れていない状態だから
現実のもろもろの現象と
本当には出会うことは無理exclamation


女の人 と 男の人
と分かれているから
離れているから
出会いが出来る



現実は苦しいexclamation
現実から出発したら、絶対に幸せになれないexclamation×2



これを認めること

そこからすべての出発が始まる



なでしこ



posted by 大和撫子 at 16:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月02日

すべての出発=出会い

どこから出発したのか?


4次元思考からなのか?
5次元思考からなのか?


この出発の違いが
現実の現象の違いを生むむかっ(怒り)


ある女性が
自分の認識の癖に気づきました。
「弱みをみせてはいけない!」
「甘えてはいけない!」
この「〜してはいけない!」
という癖があったのです。

この癖のために、身近な方との
コミュニケーションで身構える自分が
いたそうです。
弱みをみせてはいけないために・・・
いつも元気に頑張っているところを
見せなければいけないと思って・・・

この「〜してはいけない!」は
私にもあるかなり根深い癖です。
日本の教育のあり方事態に
この認識があると思います。
学校ではよく『〜してはいけません!』
と言われたものです。
『〜していいです。』『〜してはいけません。』
と決め付けた瞬間
×
の蓄積を人間はしていきます。

ですから、彼女は身近な人との
コミュニケーションの中で
弱みをみせてはいけないので身構えて
いたそうです。
強い自分は○ 弱い自分は×
と認識して・・・


この○×をしている癖に
気付いた彼女が、
自分で自分の首をしめていた
自分にも気付き
自ら認識を変化させ
周囲の方とのコミュニケーションに
チャレンジした結果
身構えない自然な自分で
コミュニケーションが出来たそうです。


彼女の出発のあり方が変化したことで、
現実の現象も変化してしまったexclamation
これくらい出発の認識の変化が
現実にもたらす影響力が絶大なのだと
彼女をみて思わされました。



exclamation×2でも、ここまで書いて気づきましたぴかぴか(新しい)
彼女のような例は日常に
たくさんあるのではないでしょうか?
しかし残念なことに
自分自身でその変化に気付かないたらーっ(汗)
何が変化したのか?
何故変化したのか?

これを知らないからだと思います!
だから、次に生かせない・・・
自分がどこから出発していたのか?
4次元思考からなのか?
5次元思考からなのか?

この4次元思考と5次元思考の違いを知ること
めちゃめちゃ大事
だと思いませんか?

Noh Jesu氏が言われていたことを
思い出しました。

“分け方を知ること”

大工さんは、木のどこをどう切ったら
奇麗に切れる(分けられる)のか?を知るプロ

石細工職人は、石のどこをどう掘ったら
奇麗に割れる(分けられる)のか?を知るプロ

人間は、思考のどこをどう区別したら
奇麗に整理整頓出来る(分けられる)のか?・・・

人間は今だ、自分という人間のプロには
なっていないようですふらふら



なでしこ




ラベル:Noh Jesu氏
posted by 大和撫子 at 21:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月01日

すべての出発=出会い

3月1日


日本では、この3月を弥生(やよい)とも呼ぶ。

弥生の由来・・・
 草木がいよいよ生い茂る月
 「木草弥や生ひ月(きくさいやおひづき)」
 が詰まって「やよひ」となったという説が有力
とある。

また、古代ローマの暦(ユリウス暦より前)においては、
年の最初の月は現在の3月にあたる。
閏年の日数調整を2月に行うのは、当時の暦での最後の月に
日数調整を行っていたことの名残である。


3月にはこんな歴史が
隠されていたんですねexclamation


今日からまったく次元の違う「出発」
そんな出会いをイメージさせる
3月1日を迎えている。


一人の意志の深い決断が
今、この時を築き上げるグッド(上向き矢印)

13年前の今日ひらめき3月1日
Noh Jesu氏が大きな気付きを得た日
5次元認識テクノロジーを発見された日
彼がどれ程の覚悟を決めて
出発されたのかexclamation
改めてお話をお聞きして
私の心に深く深く響くものがありましたー(長音記号1)

今までの人間の四苦八苦が
スッキリと溶けて
新しい世界が開けるひらめき
5次元認識テクノロジーによって・・・
人類65億人すべての幸せと成功が
恒久的な世界平和が成るexclamation
明確な確信の元、
強烈な愛の爆発を起こしてくれたました。


なでしこ



ラベル:Noh Jesu氏
posted by 大和撫子 at 13:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。