2008年11月30日

韓国人Noh Jesu氏と日本人

Noh Jesu氏の


底抜けに明るい

お祭りさわぎのような

にぎやかさに


お祭り好きの日本人は

ついつい乗って踊ってしまうわーい(嬉しい顔)


本当にNohさんの子どものような
無邪気なアクション、エモーションは
皆をとりこにしてしまうなぁと
上記のような光景に遭遇すると
いつも思うことです。


人間本来の姿でもあるのだと思います。
だから自分もそうなりたい!!
いや、もともとそうであったから
戻りたい!!
そんな無意識が呼覚まされるのでは
ないでしょうか?

こんな記事を見つけました。
<朝鮮日報 2004/11/2の記事抜粋>

他人に迷惑をかけることは、日本人が社会生活で最もタブー視していることのひとつだ。他人に面倒をかけ、気を使わせ、煩わせることは全てこれに該当する。

 幼稚園の時から教育の第一目標は「人に迷惑をかけない子どもにすること」だ。ある人が雪崩に遭い渓谷で遭難し、辛くも救助された。この人が最初に言った言葉は「助けてくれて感謝する」ではなく「迷惑をかけて申し訳ない」だった。
 イラクで武装勢力に拉致された日本人の香田証生さんが殺害されたという連絡を受けた家族が「迷惑をかけて申し訳ない」という談話を伝えた。

 どのような事情があろうとも、家族が非業の死を遂げたのに、これほど冷静でいられるのだろうかと驚かされた。

死んでも他人に迷惑をかけないという心の底には、他人が迷惑をかけるのも絶対に容認できないという考えがある。これが日本という共同体を維持する人間関係のルールだ。

 自分の感情を自由に噴出でき、人の考えにも自由に干渉できる韓国ではなかなか見られない風景だ。



日本人は「人に迷惑をかけてはならぬ!」という
掟を守っているがために・・・
・自分の感情は抑える
・人の考えに干渉しない
それゆえに、ぶつかることが少ない(建て前ばかりだから争いが起こらない)これは、本音で人と人が繋がれないことです。
Nohさん曰く、
韓国人は本音をぶつけ合って喧嘩をし
更に更に喧嘩の前より深い関係性を創る
そうです。


全く異質が出会うことは、
摩擦衝突が起こる。
がしかし、それによって
異質性の融合が起こり
新たな関係性を生み出す。

この融合こそ
5次元認識テクノロジーによって可能になるのです!

経営アテンディングカフェというサイトに
Noh Jesu氏の講座が動画で配信されています。
5次元認識テクノロジーの経営への応用です。
こちらをご覧下さい。・・・
URL:http://www.nr-japan.co.jp/attending-cafe/ホム/tabid/335/Default.aspx

なでしこ

タグ:Noh Jesu氏
posted by 大和撫子 at 23:42| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月29日

韓国人Noh Jesu氏と日本人

街中での光景 パートU

【誇り】
Noh Jesu氏の講演会には、
何度も出席させていただいています。

その度に思うことが、
熱い黒ハート
本当に魂の底から、情熱をほとばしらせ
語る姿が印象的るんるん
これには、Nohさんファンが増えるのも
当然だなぁ〜と

自らに対する誇りはもちろん、
人類や宇宙自然すべてに対して無限の誇りを
もって、語る熱情に心が熱くなります。


と・・・熱くなるといっても
やはり日本人は、熱くなりにくい。

やはり街中での出来事。
道行く日本人の顔にショックを受けましたが、
打って変わって外国の方は、
にこやか!
私が笑うとたいてい笑い返してくれる。
打てば響くとは、このこと!
気持ちいいのです。

日本人はというと・・・
目を背ける。
嫌な顔をする。
逃げる。
無視する。
もうやだ〜(悲しい顔)

とこんな感じ。
もちろん少数の例外はあります。
心が閉じている状態、閉ざしているのが当たり前。
日本人は、お引きこもりです。

韓国人のNoh Jesu氏が熱く熱く燃やしても
日本人の心に火をつけるのが、
とてもとても大変な理由も、
このクローズな心の状態にあるのでしょうね。

Noh Jesu氏と共に日本を熱くして
いくぜ!!!という
気骨ある殿方
(もちろんご婦人でも)
そんな方々との出会いを待ち望んで。。。


なでしこ

タグ:Noh Jesu氏
posted by 大和撫子 at 23:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月28日

韓国人Noh Jesu氏と日本人

昨日は、「自国への誇り」

今日は、『自分への誇り』



昼間、駅へ向かう途中

道行く人たちの顔が

目に飛び込んできた。


「えっ!!笑っている人がいないふらふら


少しの間、歩道橋にたたづんでしまった・・・
人々の顔に・・・
生気がない・・・
8割の人々が
地面の方(下)を向いて
歩いている・・・

日本は、自殺者が年間3万人を超えている。
自分への誇り、自信
これも、自国への誇り同様
低いのが日本人では・・・


街中の光景をみていると
「日本人は、自分への誇りがない」
といっても過言ではない!
という・・・
なんとも言えない複雑な思いが
胸の奥からこみ上げてきて・・・
思わず涙がこぼれたたらーっ(汗)

こころの声
「目の前の光景を見たら、日本人は自分に誇りなど
もっていないな。を認めざるを得ない。
それ程街中の人たちの顔が暗い。事実だ!けど・・・
認めるしかない現実だが・・・
なんでこんな日本人ばかりが・・・
違う!!!これは嘘!!!
本当はこんなじゃない!!!
これは錯覚だーーー!!!」



そうですexclamation
今、目の前の光景は
すべーーーて錯覚exclamation×2
Nohさんの唱えるHITOTSU学の真髄るんるん
「目に見える現実世界は、人間五感覚脳の勝手な認識の世界である」
「人間以外の動物から見れば、全く違って見える世界である」
「そして脳がなければ、なくなってしまう世界である」
すなわち・・・exclamation&question
ここからは、是非Nohさんがすべての人々に
お伝えしたいHITOTSU学の世界へアクセス下さいませ揺れるハート
http://1.peace-production.jp/?cid=2479
またはhttp://www.nr-japan.co.jp/sys/



Noh Jesu氏の話の中に
「日本人は自信を失ってしまった。」
というフレーズがよく出てきます。
過去の敗戦という傷を持って
小さくなってしまっていると。

この小さく小さくなってしまった
日本人の
暖かい光と無限の安心感をもたらすもの
これが、HITOTSU学ですひらめき


なでしこ

タグ:Noh Jesu氏
posted by 大和撫子 at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国人Noh Jesu氏と日本人

今日は、「誇り」について
書いてみたいと思う。



日本という国に対して誇りを持っているか?


と問われたとき、
どう答えるだろう?


世界59カ国で行なった意識調査の結果(平成12年電通総研調査)

その調査によると、「自国に誇りを持っているか」という問いに対し、「持っている」と答えた人の割合が、日本の場合、54.2%。
これは59カ国中56番目という低さである。

ちなみに、1位はエジプトで99.1%



とある。
Noh Jesu氏もよく語っていたことだ。

Nohさんのお国、韓国人は自国にとても誇りを持っている
国民であるそうです。
日本人のこの自国への誇りの低さに、
Nohさんも驚かれたと同時に、
だからこそ、
HITOTSU学を通して
5次元認識テクノロジーを理解し
日本人に自信と誇りを取り戻して
日本本来のJAPAN MISSIONに目覚めて欲しい!!

と熱く熱く、語るのです。

NohさんがこのJAPAN MISSIONを語る時の
エモーションたるやハートたち(複数ハート)
日本人としての魂が揺さぶられ、
眼からも心からも
涙が溢れ出しますたらーっ(汗)


そして、韓国人であるのに
そこまで日本を愛してくれる
Noh Jesu氏の愛の深さに

感動exclamation

なでしこ
タグ:Noh Jesu氏
posted by 大和撫子 at 00:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月26日

韓国人Noh Jesu氏と日本人

Nohさんが、火のパワーで
日本人を熱くしている
その熱が、日本列島に広がっていくと・・・


韓国人:言わなければ解らない!
日本人:人の感情を少しは読み取ってよ!顔を見て解ってよ!


こんな違いが融合していくのだろうと・・・
相手の気持ちをおもんぱかるが、言いたいことは言えるわーい(嬉しい顔)
そんな日本人が、Nohさんの語る5次元認識テクノロジーを
マスターしていくことで、増えていくのですねグッド(上向き矢印)



私も、人の目が気になり言いたいことが言えない
典型的な日本人でした。
しかし、Nohさんの語る5次元認識テクノロジー
を聞くたびに、勇気と元気が蘇ります。

日本人に、勇気と元気そして、自信感を喚起する
HITOTSU学の5認識テクノロジー黒ハート
人間の、そして自分自身の尊厳性と壮大さに出会う揺れるハート
その出会いが1日でできる新商品!!!
Triple Success1Day exclamation

がお勧めです。
詳しくはこちらをご覧下さい。
URL:http://www.nr-japan.co.jp/sys/イベント・セミナ/tabid/396/Default.aspx



なでしこ

posted by 大和撫子 at 22:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国人Noh Jesu氏と日本人

 と 

は韓国人であり男の象徴
は日本人であり女の象徴

このイメージをもとに、
Noh Jesu氏が
今までの時代今からの時代
とても分かりやすく説明して下さったことがありました。

今までの時代 →火が上で水が下に位置していた。
        そのため、火は火で↑上に単独で燃え上がり
        水は水で↓下に勝手に落ちていく。
        男が上にあがり、女が下にさがって
        男女が分離をしていた時代

今からの時代 →火が下で水が上に位置する。
        火は水を熱く沸騰させ、水は蒸気となって
        上に上っていき、又雨となって降り注ぎ海へ
        exclamationこれは自然の流れではないか!   
        男が女を熱くして、女が上に上り更に男を
        育て、又女を熱くして・・・
        と男女が循環する時代
        exclamation×2えっ!本当はこれが当たり前じゃぁ? 
          
    
あせあせ(飛び散る汗)あぁ
絵で描いたら分かりやすいのですが・・・ふらふら
Nohさんは、説明する時はいつも
絵を描いて説明されるのです。
HITOTSU学は、あらゆる「絵」「図」によって
語られていきます。
HITOTSU学が、イメージ学と言われる所以です。

私は、上記の説明を聞いた時に
あらゆるメディアで「女性の時代」と
言われていることと繋がって
なるほどexclamation×2
とスッキリ腑に落ちました。

今までの時代が、不自然であったので
女性の時代と取り立てて言うことではなく
今からは自然に戻る時なのだと・・・。


なでしこ  
タグ:Noh Jesu氏
posted by 大和撫子 at 01:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

韓国人Noh Jesu氏と日本人

韓国人は 

日本人は 

そんな例えをNoh Jesu氏からよく伺った。
はて??
島国から一歩も出たことのなかった
ぴかぴか(新しい)日本人の私には、

初めてはなんのこっちゃ?


こんな本を見つけたexclamation
「ワサビの日本人と唐辛子の韓国人」呉 善花 (著, 原著)

〜内容〜
ワサビも唐辛子も、「辛い」ということでは同じだが、辛さの質には大きな違いがある。
ワサビは、身体の内側にジーンと染みわたるような辛さ。
唐辛子は、頭のてっぺんからカーッと立ちのぼるような辛さ。
「吸収」と「発散」のイメージなのだ。
ワサビの辛さは「受け身」の姿勢を、
唐辛子の辛さは「能動」の姿勢をイメージさせる。
実際、日本人は、つねに自分を「受け身の立場」に置こうとする傾向が強いし、
韓国人は、つねに自分が「能動の位置」に立とうとする傾向が強い。
まさに正反対なのである。

exclamation×2ワサビ=「吸収」=
 唐辛子=「発散」=


Nohさんが日本人を語り、
韓国人との違いを話してくれるエピソードで、
上記の違いがよくよく分かって来ました。

Noh Jesu氏曰く
『電車の中で足を踏まれた日本人が、
 「すみません。」と謝っている姿をみて、びっくりした!』と
『何故、踏まれた方が謝るのか?不思議で不思議でexclamation&question
『韓国ではあり得ない光景です。』

正に、何をされても引いて謝る「受け身の立場」をとる日本人の
象徴的な出来事でもあるなぁと・・・。



韓国と日本は、地理的にもとっても近いのに
こんなに正反対exclamation


(である韓国人のNohさん)が
(である日本人の心)を熱く沸騰させるいい気分(温泉)

Noh Jesu氏と日本人の関係性の絵がみえませんか?


なでしこ
タグ:Noh Jesu氏
posted by 大和撫子 at 20:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HITOTSU学とNoh Jesu氏

昨日、同郷の彼女と再会しました!

話の中で、HITOTSU学とNoh Jesu氏の話題が・・・


HITOTSU学はNoh Jesu氏が創始者ですが、
話をする中で、この二つは一つだなと
思わされたひと時でした。


無意識を意識化・意識を無意識化
このテクノロジーが生まれたことは、
人間が解放されるキーになる!



人間が自分自身の無意識に気づけるテクノロジー
彼女が自分の無意識を発見して、
「目からウロコです」と
何度も連発していたのが
印象的でした。


この時代のHITOTSU学プレゼント
この時代への贈り物です。



なでしこ
タグ:HITOTSU学
posted by 大和撫子 at 00:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月23日

Noh Jesu氏の太極拳

日本人に熱くJAPAN MISSIONを語る韓国人!

として人気沸騰中のNoh Jesu


彼が朝の公園で太極拳を始めたのも
日本人にこのJAPAN MISSIONを語る過程であったのかexclamation
と、今になって思う。


ふと、「太極拳」とは?を調べてみると

太極は無極から生じ
    動と静をはらみ、陰陽の母とす
   「動」即ち分かれ、「静」即ち合う
  過ぎざることなく、又及ばざることもなく
      機を逃さず、変化すべし


exclamation×2なんと!HITOTSU学ととても繋がるフレーズばかり
?太極とはなんぞや
?無極とはなんぞや
?動と静をはらみとは、どういうイメージ
?過ぎざることなく、及ばざることもなくとは、どういうことか
?変化とはなんぞや


こんな疑問を説明してしまうのが、
HITOTSU学なのだと
太極拳との繋がりを
改めて感じた今日でした。

なでしこ
タグ:Noh Jesu氏
posted by 大和撫子 at 01:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月22日

HITOTSU繋がり!?

ちょっと書き忘れ・・・

明日、とーーーっても不思議な

出会い

をした人と再会します揺れるハート



不思議な出会いぴかぴか(新しい)


あるセミナーでの出来事
良くある「どうでしたか?」
から少しお話


「駅までご一緒コース」

なでしこ「ご実家は東京ですか?」
 彼女 「いいえ違います。どちらですか?」
なでしこ「分からないかも・・・栃木です。」
 彼女 「えーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!」がく〜(落胆した顔)


上の表記を見ていただいたら
想像がつくと思います。



彼女も栃木出身だったのです。
栃木の方と東京で出会うのは
なかなかないので、第一次感動exclamationの二人



「高校は?」
「えーーーーーーーーーーー!!!」

そうです。出身高校も同じでした。
第二次感動exclamation×2の二人


「小学校ってもしかして・・・。」
「吹上小です。」
「えーーーーーーーー!!!」

そうです。これは、同じではなく
なでしこ教師時代の小学校。
ってことは、彼女のお姉さんが在学していたことに!
第三次感動もうやだ〜(悲しい顔)の二人




こんな出会いって、あるものなのですねひらめき
これもHITOTSU繋がりでしょう。
出会いの妙を、ありがとうございました。



明日が楽しみです。


なでしこ

タグ:HITOTSU学
posted by 大和撫子 at 01:33| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Noh Jesu氏の太極拳

太極拳 シリーズ 最終編


Noh Jesu氏から始まった太極拳の輪かわいい

私自身は、2002年頃まで
Noh Jesu氏の太極拳に参加させていただきました。
時が流れて、2007年・・・

久しぶりに東京の太極拳が行われていた
甘泉園公園を訪ねる機会がありました。
前夜は近くの友人の家に泊めてもらい、
懐かしく朝、公園へ出かけたのです。

すると・・・exclamation&question
そこには、5年前と変わらぬ光景が・・・

そうなんです!!!
あの!Nohさんファンのおばさま方が、
太極拳を続けているではありませんかexclamation
準備体操まで、一緒です。
もうやだ〜(悲しい顔) 感動



Nohさんの心が息づいている。。。
そんな光景でした。
よーーーくみると、太極拳の型は
若干自己流になってはいるものの(笑)(当然と言えば当然)
初めから終わりまで、よく仕込んでありました。

おばさまパワーに 拍手手(パー)
継続は力なりるんるん
甘泉園公園の名物!になりそう手(チョキ)


太極拳シリーズに
お付き合い、ありがとうございました。
健康のためにも
この、公園でのNoh Jesu氏の太極拳の輪が
広がるといいなぁ〜と。
人間は習慣の奴隷と言われています。
朝の太極拳の習慣がつくと嬉しい!
体も心も健康そのもの。


なでしこ
posted by 大和撫子 at 01:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月21日

HITOTSU学の革命本

ちょっとした発見

Noh Jesu氏の著書である革命本シリーズ
また新たな最新革命本が発売されたぴかぴか(新しい)

実は私、本音は本が大嫌い!!!
(ノさんごめんなさいもうやだ〜(悲しい顔)
通信簿にはいつも「もっと本を読みましょ。」
と書かれた、読書嫌いな子どもでした。

今日、ふと何故嫌いなのか?
と仲間と話ているうちに、
「読まなければならない!」
の脅迫観念があることに気付きました。
これでは、読みたくなくなるはずです。


こんな子どもの頃の読書嫌いは
克服していたはずなのに・・・。
不思議なことに、Noh Jesu氏の革命本を前にすると
この無意識化していた観念が
むくむくと目覚めてくるのです。
この革命本シリーズ、読める時と読めない時が
あった訳が分かりました。

あぁもうこの本の前では、過去の自分の観念の中にいると
ばればれになってしまうようです。

それで、自分から出てみると
な〜んだ!「どんなことが書いてあるんだろう!ワクワク」
の心で読んでいいんだ?と・・・。
自分が知りたい心を持って、知っていいんだ。
変な表現ですが、とってもネバ族が強大な権力を行使していた
無意識の檻に監禁されていたようです。

革命本の読み方が変わりますわーい(嬉しい顔)  


なでしこ

タグ:Noh Jesu
posted by 大和撫子 at 00:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月20日

Noh Jesu氏の太極拳

太極拳 シリーズ 福岡山王公園編


山王公園は
Noh Jesu氏が日本の福岡に住んでいた時
よく通われた公園だそうです。

桜の名所でもあり
市民の憩いの場という感じです。
木々に覆われ、小高い丘があり
丘のてっぺんの方には
相撲の土俵があります!
散歩コースになっており
朝は、ランニング、ウォーキング
犬の散歩、一人の散歩、ペアの散歩などなど
多様な風景が流れる
何か心が落ち着き、洗われるスポットです。


そんな山王公園の朝も
太極拳をやる私たちの他に
たくさんの方が
公園を訪れてきます。

Noh Jesu氏が来日され、
福岡に住まわれ
この山王公園を歩き
福岡の人々の温かさに触れ
ご自身の追求に没頭されていたその時を、
太極拳をこの山王公園に来て
始められるまでには、
大きな困難に見舞われたと聞きます。

このNoh Jesu氏の物語は、
筆舌に尽くし難いものです。
壮絶な人生、だからこそ得たHITOTSU学exclamation×2
太極拳もこのHITOTSU学からイメージを持って
指導して下さるので、学びが多いです。

壮絶な人生の戦いの後、
Nohさん個人のレベルではなく
世界人類へ、地球への贈り物を
彼は掴んで下さったのです。
Noh Jesu氏の周りには、
太極拳によって公園にコミュニティーを築いた
と同じように、彼の描き出すヴィジョンに惹かれ
多くの賛同者が集まっています。
Noh Jesu氏に興味のある方は、
友人のNoh Jesuファンクラブブログを
ご覧下さいませ。
ameblo.jp/zuizuizukkorobashi/


なでしこ
タグ:Noh Jesu
posted by 大和撫子 at 11:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

Noh Jesu氏の太極拳

太極拳  シリーズ福岡編

私が福岡に転勤になり
福岡という地に降り立った瞬間!
びっくりでしたexclamation
空気が東京都は違うのです。
ホッとする柔らかさとでもいいますか・・・。
「アッ違う!」と思ったものです。

その福岡の地にある本社に
初めて足を踏み入れるのも
感動でした。
東京にいる時に
Noh Jesu氏から
福岡の良さをたっくさん聞いていましたから・・・。

福岡の事務所の近くにある
山王公園で、太極拳はやっていましたexclamation×2
そうです。福岡でもNohさんは
公園太極拳をされていたのでした。

東京の時とは反対で、
今度は私が新入りわーい(嬉しい顔)
福岡の太極拳仲間をリードしていたのは
おじさま!でした。
それもとっても元気な
福岡でも、太極拳が再開!
嬉しい朝がまた始まりました。

福岡でもNohさんは
太極拳仲間の人気者になっていましたハートたち(複数ハート)

東京と福岡の両方の地で
こうやって太極拳を通した
コミュニティーが創られていることに
HITOTSU学のパワーを感じたものです。

明日は、太極拳の行われている
山王公園について書きたいと思います。

なでしこ
タグ:Noh Jesu氏
posted by 大和撫子 at 22:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月18日

Noh Jesu氏の太極拳

太極拳 シリーズ第七弾

Noh Jesu氏の太極拳との出会いから
ずっと書かせてもらいながら、
また、Nohさんに太極拳をご指導願いたいなぁ
の心が甦ってきてしまいました。

朝の30分間だけでも、
Nohさんと一緒に太極拳をするだけで
一日の始まりのイメージがひっくり返りますグッド(上向き矢印)
気持のよい自分からの出発が出来ます。晴れ
昨日のブログにも書きましたが、
Nohさんは太極拳を教えてくれていましたが、
私たちは、Nohさんの愛のシャワーを浴びていたハートたち(複数ハート)
朝からきれいに、心が洗われるのかもしれません。
私の勝手なイメージですが・・・。

Noh Jesu氏はこの太極拳を
ご自分が開発されたHITOTSU学を応用してのプログラムの中で
活用している時期がありました。
受講者には、やはり大好評!!!
毎朝やって欲しいexclamationの声がたくさんあがっていました。
私もその一人で、Nohさんにせがんだこともしばしば・・・。
(Nohさんごめんなさい。お忙しいのにふらふら

そんな声もたくさんありましたが、
やはりプログラムもNoh Jesu氏リードで
やっていただく機会が極端に少なくなり、
太極拳も次第に姿を消していきましたもうやだ〜(悲しい顔)
物理的にしかたのないことでしたが、
個人的に、すっごく残念で寂しいなぁ〜と
思いました。

Noh Jesu氏の太極拳の復活を
今か今かと待ち望んでます。

明日は、福岡でのNoh Jesu氏の太極拳を
お届けします。

なでしこ








タグ:Noh Jesu
posted by 大和撫子 at 23:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

Noh Jesu氏の太極拳

太極拳シリーズ第六弾

朝のすがすがしい公園
太極拳をする仲間

そこにNoh Jesu氏の姿が
見えなくなりました。

私も福岡行きが決まり
朝の太極拳ともお別れが近づいた
ある日。。。


公園の近くにあった事務所の
インターフォンがなりました。
なんと!!太極拳のおばさまが
Nohさんへのプレゼントを片手に
ドアの前に立っていらっしゃいました♪
「東京に戻っていらしたら、ぜひまた
太極拳を教えて下さい!と伝えてちょうだい。」
と言伝を頼まれました。

東京の一角の小さな公園に
太極拳を通して
素晴らしいコミュニティーが生まれた!!
Nohさんは意図的に
コミュニティーを創ろうとして
太極拳を始めたのではないです。
ところが、結果的に
自然に人が集まり
輪が広がり
心の絆も生まれ
なんとも暖かなコミュニティーが
誕生していました。

この自然発生のパワーが
Noh Jesu氏が今の時代に
提供したいHITOTSU学の真髄です。
人間の持つ無限の可能性を
生み出してしまう認識テクノロジー!!
このテクノロジーを生み出してしまったのが
Noh Jesu氏です。
人間の深い叡智を紐解き
人間の本来の力を引き出し
人間の持つ無限の可能性そのもの
それが、Nohさんぴかぴか(新しい)
だからこそ、おばさまたちは
惹きつけられたのです。
おばさまたちは知らないところで、
目には見えない、心の振動=愛
Nohさんの人間に対する深い愛は、
人の心を自然に癒してしまうのです。
太極拳をしていたようですが、
実はNohさんからの愛のメッセージを
私たちは聞いていたのかもしれません。


なでしこ
タグ:Noh Jesu氏
posted by 大和撫子 at 22:55| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月16日

Noh Jesu氏の太極拳

太極拳 シリーズ第五弾

東京にいらっしゃることが少なくなった
Noh Jesu氏。

勘の鈍い私は
その頃になって
やっと気づいたのですが
Nohさんは、ご自分が忙しく
飛び回るようになることを
予測して
徐々に徐々に
おばさま達に自信をつけさせていたのだと!!

というのも、いつ頃かNohさんは
ポツンポツンですが、
おばさまたちに前に出てのリードを
促すようにしていました。
私は、まぁたまにはいいよね!
一緒にやっているし。くらいに思っていました。
でも、よくよく思い出してみると
一人一人太極拳をやるおばさまたちが
増えてきて、Nohさんの話もうんうん
素直に聞いてくれるようになっていたので
Noh Jesu氏は、自分がいなくても自分たちだけで
続けていける自信とイメージを
言葉ではないところで伝達していたんだなと
いうことが分かります。

Nohさんがいない時は、私たちがリードして
太極拳をしていましたが、
おばさまたちは積極的に
自分もリードするようになっていたのです。

太極拳をNoh Jesu氏から指導して貰い私が思うことひらめき
●Noh Jesu氏の太極拳がなぜ一般と違うのか?
 人と自然と宇宙までもつなげた明確なイメージと人だけでなく宇宙自 然への深い愛を持っているから。

●Noh Jesu氏がなぜこんなに人に好かれるか?
 Nohさん自身が人をとても好きなので、当り前のように人に対して細 かい観察をしているから、相手を理解してしまう。人は理解して貰っ たら嬉しいですよね。


なでしこ

タグ:Noh Jesu氏
posted by 大和撫子 at 15:22| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月15日

Noh Jesu氏の太極拳

太極拳第四弾

Nohさんがいよいよ
全国を飛び回るようになり、
忙しさもウナギ登り!!

2007年7月には
私も本社の福岡に転勤となり
公園太極拳を卒業しなければ
ならなくなりました。
Nohさんもこの頃からは
公園に姿を見せなくなってきました。

Nohさんが伝授して下さる太極拳
も一通りの終着をみて、
皆が一人でも型を覚えてできるように
なっていました。
後は続けるのみ。。。

同じように習っても
それぞれに動きもタイミングも
全員バラバラ
これまた、HITOTSU学からみたら
当たり前であり、おもしろい現象♪

「形よりもイメージが重要」
これはNoh Jesu氏が繰り返し
おっしゃっていたことでした。

この後に、公園にも異変が・・・。


なでしこ
タグ:Noh Jesu氏
posted by 大和撫子 at 13:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月14日

Noh Jesu氏の太極拳

太極拳シリーズ第三弾

Noh Jesu氏による

毎朝の太極拳

8年前のことでした。2000年プレミアム

一年間ほど続いたでしょうか・・・


2001年頃からは
Noh Jesu氏の活動が福岡や大阪と
一ヶ月の間に東京にいらっしゃることが
急激に減っていきました。
むろん朝の太極拳に出向いて下さることも
減っていきましたね。

おばさま達から
「今朝は先生いらっしゃるの?」
「今は先生福岡に行っているの?」
「先生は忙しいの?」
などなど、
その頃には太極拳に来ているおばさま方は、
Noh Jesu氏の大ファンになっていました。
私もおばさま達と仲良くなっていましたから
Noh Jesu氏のことをあれこれ聞かれて
ちょっと困ったなぁ〜なんて記憶があります。
(Noh Jesu氏がこの公園からもメジャーになるのかなぁ?
 と嬉しくもあったのですが・・・♪)

朝の公園の太極拳も
様変わりをし始めました。


なでしこ
posted by 大和撫子 at 08:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

Noh Jesu氏の太極拳

太極拳

つづき・・・

Noh Jesu氏による毎朝の太極拳

若くて美しいわーい(嬉しい顔)仲間と一緒に
朝の清々しい公園で
気を感じながらの太極拳☆

そんな朝の公園に
ご近所のおばさまがひとり・・・

Noh Jesu氏「どうぞどうぞ一緒にやりましょう。」
おばさま「いいんですかぁ」


こうして、
おばさまも一緒に
太極拳を始めました。
するとあくる日おばさまは
お友達も連れて来ましたとさ。
そうこうしている内に
たくさんのご近所さんが
集まって来たのです!

この現象に私たちはビックリ!
でした。
そして尚且つ、
Noh Jesu氏の太極拳は、
HITOTSU学からの解説つきexclamation
人間の体の構造から呼吸に至るまで
一つ一つ丁寧に教えてくれる彼に
おばさま方はだんだんと近しさを
感じてきているようでした。

数日もするとおばさまは、
「先生(Noh Jesu氏のこと)」と親しげに
彼に話しかけるのです!
心なしか、おばさま方の瞳の中はハートマークが・・・黒ハート


大自然を大宇宙をイメージさせてくれる
Noh Jesu氏の太極拳は、
おばさま方の心に浸透していったのかと
思います。
太極拳というと型ばかりが先行するイメージ
だったのが、太極拳の意味と価値を伝えてくれる
Noh Jesu氏の太極拳はまったく新しく新鮮な
ものでした。
とにかく、スケールがでかいexclamation×2

自分自身もおばさま方と共に
毎朝が楽しみな日々でした。



大和撫子








タグ:Noh Jesu氏
posted by 大和撫子 at 14:24| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。